早朝徘徊 ハンズ前

c0213537_21482820.jpg

EOS7D 30mm F1.4 EX DC/HSM

前回の逆光作品と今回の作品の過程で感じたんですが、どうやら逆光作品を作るにあたって肝心なのは撮影時のブラケットの幅のとり方が重要と思われます。あくまで個人的見解ですよぉ。
一般的に±2EVで5枚撮ってしまいがちですが、逆光の場合この間隔で5枚も撮ってしまうと中間2枚の要らないデータが邪魔してしまいかえって不自然になってしまいます。(試してみましたが逆光部分が変な感じにバーストしました) というわけで今後はこれを基本として逆光に挑戦しますが7Dは±3までとれるのでそこまで広げた場合にどうなるかってのも確認とっていきます。

ポチっとしてくれたら励みになります!
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
[PR]
by photostyle-asiato | 2010-09-07 22:10 | 建物 街並み
<< 処理速度のストレス 富士山 高山ラーメン  >>